Random Posts
Recent Comments
Lifestream
Please, activate plugins that come with the theme.

健康の共、ジョギングの効果

ジョギングの効果としては、まず「健康にいい」や「ダイエット」、「ストレス解消」があげられる。
実際に走っていると途中で気持ち良くなり、日頃のストレスも解消される。
しかも1人でも出来る運動であり、費用もそれ程かからない事や時間帯も自由に設定できる事から手軽にできる運動として人気が高い。
生活の1部として取り入れ欠かせない方もいるだろう。
ジョギングがきっかけでフルマラソンに挑戦される方もいると聞く。
それ程自分の心を前向きにし、人生を豊かにしてくれるキッカケを持っている。
単にダイエットや健康のみに止まらずジョギングの効果とは人生を活き活き過ごす為に欠かせないと言う方もいるだろう。
私自身はマラソン大会に出場しようと言った目的は無いが、それでも身体や心の調子を整え、日頃のストレスを解消できるだけでそのメリットは計り知れない。

しかし、ジョギングを毎日続けて行く中で時には「今日はサボろうか…」と思う時が出てくる。
それは人間なら当然だ。
そんな時は思い切ってサボってしまえばいい。
モチベーションが低い中で無理やり行っても単なる「苦行」となってしまい、ストレスになってしまう。
又、ただやみくもに毎日続ければいいと言うものでもなく、何日か休憩を入れる事も大事だ。
そうでなければ足を痛め、健康を害する恐れがあるからだ。
又、初心者は行き成り長距離を走ろうとせずまず1キロ、次は1.5キロと、順を追って距離を伸ばして行くことが理想だ。
いずれにせよ、個人に合った無理のないペースで行う事がジョギングのメリットを最大限に得る秘訣だろう。

糖尿病予防と健康のためのジョギング

自分は糖尿病予備群です、というのも自分の親は50歳くらいから糖尿病になってしまって、その時に「糖尿病は遺伝する可能性があるんだよ。」と人から聞きました。
自分はお酒や暴飲暴食が多い生活をしているのでハッキリ言って健康関連には自信がありません、しいて言うなら甘い物が苦手な事くらいです。

そんなある日の事なのですが、母が血糖値を計る器具を出した時に「俺の血糖値も測ってほしいんだけどいいかな?」と頼んでみました。
もちろん簡単に了承してくれてバネを使ったペンシルのような物で指に針を刺し、血液が出た所でリトマス紙みたいな物で血糖値を測ってもらいました。
ちょっと痛かったです。

すると血糖値は143という数字を示しました、ちなみに食後の数値になります、すると親から「この数値は糖尿病まではいっていないけど予備群には入るよ、気をつけなよ。」と言われました。
正直結構怖かったのですが、とりあえずと言った感じで自分の不安はなくりました。

そこで今現在糖尿病対策という感じで毎日ジョギングして汗を流している所です、実際将来的な不安もあるし予備群と言われたからには多少行動しないとヤバイと思ったからです。

ですがなれないジョギングはやっぱりキツイです、今ジョギングを初めて3週間くらいが経ちましたが心が折れそうです。

自分は親の糖尿病により自分の血糖値がわかりましたが、もし「自分は大丈夫かな?」と思う方、一度病院に行って血糖値を測ってもらうことをオススメしますよ。
もしかして自分と同じ糖尿病の予備群の枠に入っているかもしれませんよ。

最近健康の為にジョギングを始めた私

私には今2歳になる娘がいます。
娘が産まれる1ヶ月前まで仕事をし、職場には歩いて行っていました。
運動がてらと交通費の節約です。

妊娠中もそれはやめませんでした。
ちょうどその時住んでいたマンションは微妙な場所だったので通勤にバスを使うとかえって時間がかかっていました。
なので、私の仕事は座り仕事だったのでちょうどいい運動と思い歩いていました。

しかし、子供が生まれてから子育てだけになり、子供が小さいので子供を連れて歩いて回るのも大変だったので全然運動はしていませんでした。
していた、運動は家で出来る簡単な運動でした。

しかし、子供も2歳になり2年経って本当に気づいたのは出産後私のお尻周りま元々お尻が大きかったのは事実なんですが更にお肉がついてしまって事の重大さについ最近夏になるにつれ私も危機感を感じてしまいました。
そして食事では健康的な食生活を私は送っていると思っていますが、運動もしないと意味がないなと感じました。

汗も流さないと代謝もよくならないので代謝アップも考えて先週から私は家の周りをジョギングしています。
昼のジョギングは日焼けもするし、最近は急に暑くなってきたので熱中症になると大変なので食後に走っています、食後と言ってもすぐに走っては逆に体に悪いので30分後位に30分間くらいジョギングしています。
自分のお尻と太ももの肉の揺れを感じながら意識する事を忘れずに頑張ってジョギングしています。
1ヶ月くらい続ければなんとなく効果が表れてくるかなと思っています。

健康の為に、ジョギングします!

私は、本当はジョギングとかマラソンとか、走るのは苦手なんです。


でも、今は苦手ながらも、週に三回ですが、ジョギングして、健康なことに、気をつかえるようになりました。
歩くのですら、嫌いだったんですが、毎日の足の浮腫が気になりだして、そのままにしておくと、足が浮腫によって、太くなると雑誌で見たので、絶対嫌だと思い、無理のない程度に、ジョギングを始めたんです。

そしたら、足が軽くなり、寝る時が、何よりも楽になったんです。

足がつって、ひどかったのも、改善されて、すごく健康になったと思います。
本当は、毎日ジョギングはしたほうが、いいんですが、いまだに週に三回なので、徐々に増やして行こうと思っております。
ダイエットになるのが、一石二鳥ですよね。

ただ、つらいのが、うちの周りは、坂道が多くて、ジョギングしていると、息切れがすごいんです。

坂道は、いまだに慣れません。
走り方が、悪いんでしょうか。
坂道をジョギングして、登りきると、さらに、健康になれるような気はします。
慣れるまで、もっとペースを上げたほうが、いいかも知れませんね。
旦那さんが、たまに早く帰って来た時は、二人で一緒にジョギングしてます。
一人より、二人でジョギングしたほうが、楽しいです。

かけっこみたいに、競走になっちゃいますが、旦那さんにも、健康になってほしいですから。
まだまだ、週に三回はたりませんが、徐々にペースを上げて、足の浮腫がもっと軽くなるように、健康を維持出来るように、頑張ります。

健康になるためにジョギングを始めました。

最近健康に気をつかっていて、一応自分も30歳を過ぎたという理由から毎日朝5時からジョギングをしています。
ちなみにコースは自分の家から昔サッカーなどをしていた大きな公園を中間地点にして1周すると言った内容です、最初の頃は結構きつかった、というかその後の仕事の時に足が筋肉痛という事もあってあきらめるようと思ったこともかなりありましたが、今現在2ヶ月くらい続いています。
実際自分は太っている方ではないのですが、お酒を多少飲むので糖尿病など生活習慣病が怖いと言う思いがあり始めた、と言うのが一番の理由になっています。

でも上記でも書いた通りに最初の頃はきつかったジョギングですが、最近では新聞配達の方や同じジョギングをしている方との朝の挨拶、そして終わった後のシャワーなど、爽快感を体験している毎日です。

後変わった事と言えば体重などはちょっと減ったくらいなのですが、よる熟睡できるようになりましたね、自分は不眠症とまではいかないまでも人より寝つきが悪かったのでそれは本当に助かっています、会社から帰ってビールを飲んだ後は完全に熟睡できるようになりました。

別に自分がどこまで続けれるかわかりませんが、自分のように将来の体調に不安がある方にはジョギングはかなりオススメですよ。
最初は短い距離から始めるのもいいですし、朝が苦手な方は夜にジョギングすると言う方法もありますのでぜひ試してほしいですね。
体が資本の今の時代、体調管理はやはり自己責任ですからね。

健康とがんの治療方法について

これから健康とがんの治療法について説明します。
がんの治療で治療法を決めるには生検で判断するがんの悪性度も重要になります。それはおとなしいタイプと次々と転移を来す悪いタイプかをグリソンスコアという点数をつけて9段階で分類する。大別すると4つあり、
1つは手術療法で早期がんに選択で「根治的前立腺全摘除術」といい、前立腺と精のう、リンパ節を摘出して、膀胱と尿道を縫い合わせることで完治ができるが尿失禁が起こることもあります。
2つは放射線療法で1日1回週5回7周にわたり体の外からがんに向けて外照射を照射します。完治がきたいできますが、皮膚炎、直腸の出血や下痢などを招くことがあります。
3つは、ホルモン療法で前立腺がんの進行に大きく関与する男性ホルモンを下げることによってがんを抑え込む進行がんに対する基本的な治療法でがんと共存するための手段ともいえます。これは比較的副作用は少ないです
4つは化学療法で抗がん剤による治療。ホルモン療法の効果が乏しくなった時に行う療法で、これは保険が適用されず、年齢や合併症などさまざまな角度から検討します。
もしがんになった場合、健康とがんの治療方法についてしっかりと考えておきましょう。

« Previous Entries